地域おこし協力隊 辞令交付式


この度、2022年4月より福智町の地域おこし協力隊として、以下3名選手及びスタッフが着任することとなりました。

・松永 歩未

・山本 輝

・瀧元 一彰(コーチ)


それに伴い、本日4月1日に辞令交付式が行われました。


◆地域おこし協力隊とは

総務省が実施している政策の一つである「地域おこし協力隊制度」を活用し、都市部などから地域社会の新たな担い手となる人財を受け入れ、地域課題の解決や地域活性化につながる活動を通し、地域社会の新たな担い手として、町への「定住・定着」や「起業・就業」を図る取り組みのことです。


カノアラウレアーズ福岡の3名はバレーボールを通じて、あらゆる教育現場や町においてのバレーボールの指導・普及を始め、町の発展、活性化につなげられるような広報活動などを行って参ります。


「辞令交付式の様子」

0コメント

  • 1000 / 1000